善玉菌を増やすために食物繊維と発酵食品を取ろう

理想的な腸内フローラのためには二つのことが大切です。一つ目は善玉菌と呼ばれる種類の細菌を増やすこと。二つ目は食物繊維を積極的に取ることです。

この二つの条件のどちらも満たされなければ便秘や下痢といった不快な症状に悩まされることになってしまいます。どちらも日々の食生活がカギになります。

野菜などの良質な食物繊維を含む食品を摂取すること、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を毎日取り入れることが理想的な腸内フローラを保つために私たちがやりやすいことではないでしょうか。

でも、私たちは毎日の仕事の忙しさでバランスの取れた食事をするのが難しいですし、腸内フローラは疲れやストレスなどで簡単にバランスを崩してしまうデリケートなものです。

そこでどうしても生活が乱れがちになるときは整腸剤などの助けを借りてもいいかもしれません。現在市場にはたくさんの種類の整腸剤がありますが、どれも比較的安価で味にクセもなく飲みやすいものばかりです。

また忙しい人はコンビニでも購入することができます。食物繊維や発酵食品がなかなか摂取できないときはこういうものを利用する選択肢もあるのです。

 

インフルエンザにかかりにくくなる乳酸菌

毎年の季節の変わり目になりますと、体調不良で悩んでいる方々などは、とても多いです。一部の方々は、インフルエンザに弱い体質になっています。

現在では、すでに多くの乳酸菌が発見されています。その中には、体調改善に効果が期待できる菌類もあるのです。桿菌などを含めて様々な菌類がありますが、中には免疫力を強化してくれるタイプがあります。

そもそも人間は、生まれつきインフルエンザをブロックできる力は備えているのです。ただ人によってブロック力に個人差があり、中には少々弱い方々も見られます。

しかしその力は、強くする事も可能です。上記でも触れた菌類を摂取しますと、ブロック力が高まる事もよくあるのです。もともと人間に備わっているブロック力を、菌類で後方支援するイメージになります。

それでインフルエンザになる確率が低くなる事は、実際多いのです。ですから体調が気になる時には、ちょっと乳酸菌を摂取してみるのも一法です。

 

サプリや漬物で対策が出来るようになる便秘

便秘の時には乳酸菌やビフィズス菌などを持った食材を食べることで上手く循環させることが出来ることがあります。

独自で漬物などを漬けて食べることで、毎日乳酸菌などを摂ることが出来ることもあるのです。しかし漬物は手間が掛かったりするなど、毎日行わないといけないことがあったり、多少時間が掛かるために準備も必要となります。

そのために毎日続けることが出来なくなることもあるので、漬物だけを摂り続けることが難しいこともあります。

しかし漬物以外でも食べることが出来ない場合には乳酸菌やビフィズス菌をサプリで摂れるようになっています。

特に漬物とは違い、サプリは量を上手く調整できる点にあるのです。漬物の場合には必要量と制限といったように好きなだけ食べることが出来なくなることもありますが、サプリはそういう心配がなくなります。

便秘のためには乳酸菌やビフィズス菌が良いので、漬物を定期的に食べたり、サプリを併用することで大腸を良くして便秘になりにくいようにすることが出来ます。

カテゴリー: 菌の威力 パーマリンク