クレジットカードを用いたお金の借り方

急な事情で早急にまとまった現金がお金を借りたいとき、クレジットカードを用いてお金を借りることができるシステムがあります。キャッシングと呼ばれるこの機能を使えば一般の消費者金融のように現金を借りることができます。また、どのクレジット会社かにもよりますが、申し込み方法によりクレジットカードの新規契約日からすぐに融資可能なところもあります。

このキャッシングですが、そもそもクレジットカードを持っていなければ行うことができないので、もし持っていない方がいれば、まずはカードを申し込むところから始めましょう。無事審査に通れば、年収の10分の1や50万円までなど定められた範囲内でお金を借りることができるようになります。金利はおおよそ15~18%程度といったところが多いです。

このキャッシングですが根本は通常の消費者金融からの借金と変わらないので、返済が遅れたりするとあなたの信用情報に傷がつきます。その点に関してきちんと理解したうえで健全な利用を行うことをお勧めします。

 

自営業職の若者の理解について

自営業職の若者の理解についてですが、まだまだ職業の安定としての理解は進んでいないような気がします。自営業については農業関係のジャンルや畜産のジャンルなどがありますが自営業といっても幅広くあります。しかし若者が仕事を選択するときにやはり安定的な収入を求めることが考えられます。

どちらがメリットになるかデメリットになるかは比べようには難しいところがありますがまず自営業の場合になると毎月決まったお給料でないことがあります。良いときの収入とダメな時の収入の差がはげしいこともあります。

そして自営業の場合には自分で仕事を取ってきて仕事を請け負いこなしてお金をもらうことになります取引先がない場合には負債を抱えておまとめローンなどに手がでてしまいます。今テレビはエンタメが多いですがぜひ自営業の特集をみていただきたいです。そういったことで自営業に対して若者の理解もちがってくるのかもしれないと思います。

 

償還で信頼度を上げる為にまず小口融資からスタート

鳥取地域などでは、たまに小口融資が行われています。銀行が貸し出す事ができる金額にも、限度があります。やはり全く初めての段階では、銀行から多くの金額を借りる事は、少々難しい事も多いです。しかし償還に関する実績があると、また話が異なってくる訳です。銀行が誰かを信頼するかどうかは、過去における実績で判断する傾向があります。

例えばAさんという方が何らかの使途でお金を借りていたとします。ところが過去において、銀行に払う事で遅れてしまってきました。それに対してBさんという方は全て償還できている状況です。必ず返済期日前に返す事ができていて完済になっている状況だとします。

AさんとBさんの2者を比べると、やはりBさんが信頼される傾向があります。毎回返す事ができると確認されれば、銀行としても信用力が高いと判断し、後々になって多くの金額を借りれるケースも多いからです。
こういう兼ね合いがあり、まずは信頼構築を目指す為にとりあえず小口融資から始める法人も多く見られます。

 

充実度が確認される審査とトピックス

事業者ローンでは、必ず金融会社による書類チェックがあります。それはほぼ例外はありません。書類の様々な記載項目を確認して、問題ないと判定されれば、借りる事ができる流れです。申込時には、決算書原則求められる事になります。税金を申告する時に提出する書面です。

それで記載内容に関しては、財務の充実度などが判定される事になります。世間にある会社も状況は色々で、黒字決算になっている会社もあれば、その逆もある訳です。もちろん前者の方が、充実度は高めという事になります。したがって赤字時よりはやはり黒字のタイミングで申込をする方が借りられる確率も高まるでしょう。

ちなみに上記のような情報などは、たまにトピックスとして取り上げられている事があります。金融会社の公式サイトにそういう情報が書かれる事もあれば比較サイトなどでコラム形式で掲載される事もあるのです。借りられるかどうかが気になる時には、そういう情報に目を通しておくと良いでしょう。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク